ネクサスNEXUS

022-724-7780
リースバックの仕組み

ご自宅を売却してもそのまま
賃貸として住み続けることができます

家族

リースバックとは「sale and leaseback」といい、賃貸借契約付き売却のことです。
自宅などの所有不動産を売却して現金化、その後売却先と賃貸借契約を結んで、元の所有者様がそのまま住み続けることができるという仕組みです。

リースバックの仕組み
定期建物賃貸借契約終了時
ご資産の所有権は弊社提携企業に移転します

リースバックは、お客様のご自宅等の不動産資産を弊社提供企業に売却して一括資金を得ると同時に、賃貸借契約に切り替えてお住いを頂くサービスです。
従いまして、お客様の不動産資産の所有件は弊社提携企業に移転する形となる為、お住まいの所有権を手放したくない場合は、ご利用にご注意をお願いいたします。

月々のお家賃、ご契約の際の費用が必要となります

お客様と弊社提携企業との間で、不動産売却時に定期借家契約という形で賃貸借契約を結ぶことで、賃借としてお住い頂く形となりますので、毎月度のお家賃のお支払が必要となります。
お家賃以外に、敷金、火災保険、賃貸保証、事務契約手数料等の費用が必要となります。これらの費用は物件の状況によって変わってまいりますので、都度お見積をさせて頂いております。一部、賃貸保証に要する費用については賃借の期間にご滞納等の問題がなければ、段階的にディスカウントする仕組みを整えております。

賃借としてお住い頂ける期間に制約がある場合があります。

ネクサスのリースバックでは、ご自宅等の不動産資産売却後に定期借家契約で期間2年間という形でご契約をさせて頂いております。再契約の回数に制限は設けておりませんので、とくに問題がなければずっとお住まいを頂けるサービスとなっております。
ただし、賃借の期間に度重なるお家賃の滞納、ご滞納が累積する状況、及びお住いの利用状況に問題があり、ご改善いただけない場合契約を解除させていただく場合がございますのでご留意ください。